メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/151 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月九日(55)

「わかったよ、ミヤさん。登美ちゃんにはちゃんと話をしておく。でも、向こうの返事をもらうのは、自分でやってくれよ」

 タケシが釘(くぎ)を刺すと、ミヤがすねていった。

「なんだよ、ケチだな。そいつは少年飛行兵の試験より難問だろ。いいよ、タケシは渡りをつけてくれるだけで」

 登美子にミヤの話をするだけでも、気がすすまないのに、返事まできくなどまっぴらごめんだった。登美子も傷つくだろう。まだ確信はもてないが、きっと同じ年のいとこは、自分を好いていてくれる。そう思うだけで、身体(からだ)のなかが熱くなってくる。タケシはじっとしていられなくなった。

「先にあがるよ。今日は大汗をかいたから、さっぱりしないと」

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文894文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. 春日部駅 高架化 来年度着工へ 完了まで10年、10踏切廃止 /埼玉
  4. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]