メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

野外の近親婚ペア 初の托卵、京丹後で 野生復帰へ有効手段 兵庫・郷公園 /京都

「托卵」後、巣塔で卵を温めているとみられるコウノトリ=京都府京丹後市久美浜町市場で、塩田敏夫撮影

 兵庫県立コウノトリの郷公園(兵庫県豊岡市)は11日、野外の近親婚のコウノトリのペアの卵を別のペアの有精卵に取りかえる「托卵(たくらん)」を実施したと発表した。京丹後市で卵を温めていた近親婚の姉弟(雌3歳、雄2歳)が対象で、野外の近親婚のペアを対象としたこうした取り組みは初めてという。2005年に始まった野生復帰に向けた放鳥の結果、現在国内で確認されている野外のコウノトリは108羽。今後、近親婚のペアの増加が見込まれることから有効な手段としている。【塩田敏夫】

 近親婚の姉弟はいずれも豊岡市赤石の野外で生まれた。ペアになり、3月から京丹後市久美浜町市場で巣を造…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文648文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏支持へ
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです