メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
激動の半島情勢

識者に聞く/3 米は人工衛星許容を ロシア極東研究所朝鮮研究センター所長 アレクサンドル・ジェビン氏

アレクサンドル・ジェビン氏

 2007年の南北首脳会談でも幅広い分野で合意しながら、さまざまな理由で合意事項が履行されなかった前例がある。だから今回の首脳会談について懐疑的な見方があるのは分かっているが、朝鮮半島の緊張を緩和させるものであり、前向きに評価している。

 南北間で新たな紛争が起きてほしくないし、経済分野の協力につながってほしい。そうすればロシアが参入するチャンスも増えるだろう。北朝鮮の経済特区である羅津港でも、韓国企業が戻ってくるかもしれない。更に関係が進めば、ロシア極東から北朝鮮を経由して韓国に向けた送電線の架設や、天然ガスパイプラインの建設が検討されるかもしれない。これらの事業案は、故金正日(キムジョンイル)総書記が01年にモスクワを訪れた時に合意したものだが、20年近くも日の目を見ていない。

 首脳会談では、年内に朝鮮戦争の休戦協定から平和協定へと切り替えるため、南北に米中を加えた4カ国の枠…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文1085文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]