メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

必要だった4年半の鍛錬 作家・水原涼(28)

 2011年、近親相姦(そうかん)を描いた衝撃的な小説「甘露」で文学界新人賞を受賞。当時は現役の北海道大学生、21歳。同作で男性最年少の芥川賞候補になり、話題を集めた。現在、28歳になり「あのデビューは自分には早すぎたのかもしれない。今は『再デビュー』の感覚」と目を見開く。『文芸』夏号に中編小説「少年たち」が掲載されるなど、精力的な執筆を続けている。

 鳥取市の出身で、複数の作品で故郷を取り上げてきた。新作の「少年たち」も鳥取東部が舞台。時代設定は十…

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1042文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日銀決定会合 08年6月議事録「最悪期は去った」
  2. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  4. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  5. 英・航空ショー MRJがデモ飛行 存在感アピールへ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]