メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NEWSの窓

暮らし ソーラン節 ドラマから学校に広まる

毎日新聞まいにちしんぶん生活報道部長せいかつほうどうぶちょう山本やまもと紀子のりこ

 「どっこいしょ どっこいしょー」。もうすぐ運動会うんどうかい。みなさんは毎日汗まいにちあせだくで「ソーランぶし」を練習れんしゅうしているのではないでしょうか? 今回こんかいは、北海道生ほっかいどううまれの民謡みんようが、各地かくち小中学校しょうちゅうがっこうひろまった理由りゆう調しらべてみました。

     大漁旗たいりょうばたかかげ、ねじりはちまきでおどるソーランぶし。もとはニシンの産地北海道さんちほっかいどう明治めいじ大正時代たいしょうじだい漁師りょうしたちがさかな水揚みずあげするときうたっていた音頭おんどです。あみにかかったニシンをふねうつとき元気げんきすため「ソーランソーラン」とこえをかけていたそうです。

     でも、ニシンとまった関係かんけいのない東京とうきょうでも福岡ふくおかでも、運動会うんどうかい種目しゅもくとなっているのはなぜでしょう。

     「迫力はくりょく力強ちからづよさがあって、元気げんきのよいどもたちの姿すがたてもらえるのがいいですね」。東京都世田谷区立笹原とうきょうとせたがやくりつささはらしょう後藤真司ごとうしんじ校長こうちょうはそうはなします。後藤ごとうさんがまえつとめていた小学校しょうがっこうでも、そのまえ小学校しょうがっこうでも運動会うんどうかいものはソーランぶし大漁旗たいりょうばたみなつくるところからはじまり、全員ぜんいんくろシャツをおどることも。おどわったあとに「こころひとつになる」効果こうかがあるそうです。

     ソーランぶしはのどかですこふるくさいかんじのうたですが、おおくの学校がっこうでは、テンポのよいロック調ちょうの「南中なんちゅうソーラン」がおどられています。これは、北海道稚内市ほっかいどうわっかないし市立稚内南しりつわっかないみなみ中学校ちゅうがっこう先生せんせいが、プロの舞踊家ぶようか助言じょげんをもらって、かんがしたものです。れのよい南中なんちゅうソーランのおどりは、テレビの人気学園にんきがくえんドラマ「金八先生きんぱちせんせい」で2000ねんごろからりあげられ、「かっこいい」と全国ぜんこくひろまったのです。

     こしひくとして左右さゆうるのは、なみうごき。うでをすはや上下じょうげうごかすのは、ニシンのあみげるときうごきです。稚内南中学校わっかないみなみちゅうがっこうでソーランぶし指導しどうする阿部諭あべさとし先生せんせいは、「南中なんちゅう運動会うんどうかいでは全校生徒ぜんこうせいとおどります」といいます。ニシンはいまほとんどとれなくなってしまいましたが、ソーランぶし印象深いんしょうぶかいリズムは現代げんだいふかづいているのです。


     ものやファッション、子育こそだて、介護かいご担当たんとう教育きょういく担当たんとうときは、各地かくち小中学校しょうちゅうがっこうどもや先生せんせい取材しゅざい趣味しゅみ黒人演奏者こくじんえんそうしゃのジャズをくこと。苦手にがてはスマホ操作そうさ。1966年東京都生ねんとうきょうとうまれ。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
    2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
    3. 民主ペロシ氏「話にならない」 トランプ氏「重要発表」提案に
    4. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
    5. ORICON NEWS 51回目『ミス日本』は21歳東大生 度會亜衣子さんがGP

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです