メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

建国とナクバ70年

米大使館エルサレムへ イスラエル/上 強権化、かすむ理想 政権に反発くすぶる

ネタニヤフ首相の強権的な政治姿勢に抗議する市民=2018年5月5日夜、エルサレム中心部で高橋宗男撮影

 1948年にイスラエルが建国を宣言してから70年を迎える14日、米国はテルアビブからエルサレムに大使館を移転する。トランプ米大統領が昨年12月、ユダヤ人が聖地とするエルサレムをイスラエルの「首都」と認定したことに伴う措置だ。

 「我々が独立した日に祝賀式典が開かれることはさらなる喜びだ。トランプ大統領、あなたのリーダーシップと友情に感謝する」

 イスラエルのネタニヤフ首相は、長年の悲願達成に喜びを隠さない。エルサレム市内には「米大使館」と書か…

この記事は有料記事です。

残り1198文字(全文1420文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  3. 大阪府警 出会い系売春あっせん24人逮捕 大規模組織か
  4. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです