メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

東証マザーズ 1部へのステップアップ市場

=東証提供

 東京証券取引所が運営する新興企業向け株式市場「マザーズ」。成長性を秘めた企業に資金調達の場を提供するとともに、ベンチャー企業への投資機会を広げる目的で1999年に開設された。これまで大企業向けの東証1部に「巣立った」企業は100社を超え、大成を目指す起業家の登竜門となっている。

 開設当時は、米国の成功に刺激されてIT企業の創業が相次ぎ、資金を必要とする企業も多かった。1部、2部と差別化するため、「(他市場に変更せずにとどまる)『エンドマーケット』にする議論もあっ…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文585文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです