メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/278 第7章 39=高村薫 田中和枝・挿画監修

 特命班は、上田朱美に恋をしていたという玉置の表情に一定の真実味を見て取る一方、この手のトラブルを起こす男にありがちな思考回路の身勝手さに、大いなる既視感も覚える。子どもなら説教もできるが、三十にもなって自身の性癖を矯正する気もなく、巧妙に犯罪にならない安全圏に留(とど)まっている男を前に、刑事たちは自然に表情が険しくなる。

 玉置さん。事件前のことをお聞きします。前回、十二月半ばにあの水彩画教室に上田朱美さんが来ていないか…

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文924文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 
  5. 障害者雇用 「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです