メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

伊東光晴・評 『旅する街づくり-若き都市計画家の欧米都市見聞録』=伊藤滋・著

 (万来舎・4320円)

欧米留学の青春の思い出薫る

 日本の都市計画の第一人者の若き日の留学の思い出が本書である。

 1962年、東大に日本で最初の都市工学科が創設され、助手になった著者は、アメリカ留学を目指す。日本が貧しく海外渡航も留学も夢に近かった時代である。

 都市工学の高山英華教授が理事であった日本地域開発センターに、フォード財団から50万ドルが寄付された。そのなかから著者に1500ドルが支給される。留学先は、同じようにフォード財団の50万ドルの寄付によって作られたハーバード大学の都市問題研究所(MIT=マサチューセッツ工科大学=と共同運営)である。

 父(作家・伊藤整)が出してくれた渡航費で貨物船に乗り、サンフランシスコに着く。英語が通じず、筆談で…

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1387文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  4. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]