メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
今週の本棚・本と人

『仏像 みる・みられる』 著者・多川俊映さん

多川俊映さん=花澤茂人撮影

 ◆多川俊映(たがわ・しゅんえい)さん

 (KADOKAWA・1728円)

見守られている意識を持つ

 薄暗い古寺のお堂に立ち、仏像の目をみつめる。「あ、目が合った」。ふと、あちらも自分もみているように感じる。仏像好きの中にはそんな経験をした人がいるはずだ。今は亡き大切な人の目を重ねることもあるだろう。「見守られている」と。「究極の仏像のみかたとは、そうした双方向の関係性の中にある」。1300年の歴史を持つ興福寺(奈良市)の貫首として長年仏像と向き合ってきた実体験を通して、たどり着いた思いをまとめた。

 30代前半の頃のこと。寺外で参列したある法要の本尊が、頭部を失った奈良時代の仏像だった。「何か、落…

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文967文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]