メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こころの天気図

「うまい話」の落とし穴=東京大教授、精神科医 佐々木司

イラスト・清田万作

 地下鉄で広告が目に留まった。鉄道会社の「早起きキャンペーン」。できるだけ早朝の電車に乗り、ラッシュを緩和しようという訴えだ。朝6時過ぎの電車で通勤すれば「ポイントがたまって、もれなく商品券をゲット」「お店で使えるクーポンを進呈」「抽選で5万円、10万円のギフト券も当たる」という。

 いいことずくめのようだが、大事なことが抜けている。「早起きするなら、早寝もしてね」のひと言が、どこにも見当たらないのだ。精神科医になって、はや数十年。異動やら子どもの学校やらで、早起きと早朝出社を始めて間もなく調子を崩すパターンを何度も見てきた。だいたい2週間~1カ月くらいで調子が崩れてくる。

 早起きを始めるなら、その分だけ早寝にしないと、睡眠不足で不調になるのは当たり前だ。仕事の関係で早寝…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文990文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 衆院内閣委 片山さつき氏、看板の条例違反認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです