メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

ぜんそくにCOPD併発=答える人・木田厚瑞所長(日本医科大呼吸ケアクリニック)

 Q ぜんそくにCOPD併発

 ぜんそく患者です。昨年肺炎を起こし、微熱やせきなど風邪のような状態が続いています。主治医から慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)を併発していると言われます。(埼玉県、女性、54歳)

 A 吸入薬で両方を治療

 COPDは、気道や肺の内部の肺胞が炎症を起こして肺の機能が低下する病気です。肺気腫や慢性気管支炎と呼ばれていた病気を統一して名付けられました。主な原因は喫煙ですが、非喫煙者でも発症することがあります。せき、息切れ、たんなどぜんそくに似た症状が特徴です。診断では、1秒間にどれくらいの空気を吐けるかという検査で肺機能を調べます。

 ぜんそくは主にアレルギーが原因で、気道の広い範囲に炎症を起こします。双方は別の疾患とされていますが…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文921文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べた?ピラニアの水槽に模型の骸骨
  2. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  3. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  4. 元貴親方 「気持ちの高まり湧いてきた」公式サイトで近況語る(スポニチ)
  5. ルックバック平成・中部写真記者の足跡 平成5年、25年・式年遷宮 闇の中撮影、機材の進歩反映 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです