メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

ぜんそくにCOPD併発=答える人・木田厚瑞所長(日本医科大呼吸ケアクリニック)

 Q ぜんそくにCOPD併発

 ぜんそく患者です。昨年肺炎を起こし、微熱やせきなど風邪のような状態が続いています。主治医から慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)を併発していると言われます。(埼玉県、女性、54歳)

 A 吸入薬で両方を治療

 COPDは、気道や肺の内部の肺胞が炎症を起こして肺の機能が低下する病気です。肺気腫や慢性気管支炎と呼ばれていた病気を統一して名付けられました。主な原因は喫煙ですが、非喫煙者でも発症することがあります。せき、息切れ、たんなどぜんそくに似た症状が特徴です。診断では、1秒間にどれくらいの空気を吐けるかという検査で肺機能を調べます。

 ぜんそくは主にアレルギーが原因で、気道の広い範囲に炎症を起こします。双方は別の疾患とされていますが…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文921文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  3. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  4. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです