メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

法廷では通らない 「報告してない」「指示もない」 不合理証言、柳瀬氏 法曹界指摘「証言の核心部が変遷」

国会で参考人として不自然な説明を繰り返した柳瀬唯夫元首相秘書官。その胸中は……=国会内で2018年5月10日、川田雅浩撮影

 <access>

 加計学園問題について10日、国会での参考人質疑で合理的な説明を試みた柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)。だが、翌日の愛媛県知事の反論で証言の信ぴょう性が揺らいでいる。柳瀬氏の説明は、人の罪や責任の有無を巡って厳密な立証が求められる司法の世界からはどう見えるのか。【中川聡子、岸達也、大村健一】

 「柳瀬氏の証言は法廷では到底通用しません」。そう断じるのは川口創弁護士(愛知県弁護士会)だ。イラク…

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1221文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです