メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

ポーク卵×5.15沖縄 しなやかなウチナーの味

イラスト 佐々木悟郎

 三線(さんしん)と沖縄民謡のBGMが流れる雑居ビルの店内で、常連客が泡盛を酌み交わしていた。東京都品川区。東京湾に近い京急立会川駅そばに沖縄料理屋「うみないび」はある。沖縄から出張で来た経営コンサルタント、上地哲(うえちさとし)さん(64)ができたてのポーク卵に箸を伸ばし、仕事相手の東京の男性に勧めた。「これがウチナー(沖縄)のソウルフード。もうすぐ5・15ですから」

 「5・15って?」「沖縄がアメリカから日本になった日ですよ」。ほろ酔いの上地さんが話し始めた。

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1056文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日銀決定会合 08年6月議事録「最悪期は去った」
  2. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  4. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  5. 英・航空ショー MRJがデモ飛行 存在感アピールへ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]