メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マレーシア

ナジブ前首相の出国禁止 汚職疑惑再び追及か

記者会見で統一マレー国民組織の党首辞任などを発表するナジブ前首相=クアラルンプールで2018年5月12日、AP

 【ジャカルタ武内彩】独立以来初めての政権交代が起きたマレーシアで12日、入国管理局がナジブ前首相の出国を禁止した。国外逃亡を阻止する意図があるとみられる。ナジブ氏には政府系ファンドを巡る巨額の汚職疑惑が持ち上がっており、就任したばかりのマハティール首相(92)の政権下で捜査対象になる可能性がある。

 ナジブ氏に対しては、自身が設立した政府系ファンド「1MDB」から約7億ドル(約760億円)が個人口座に送金されたとする疑惑が指摘されている。国内の捜査当局は「送金はサウジアラビア王室からの個人的な献金だった」と結論付け…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文652文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 訃報 樹木希林さん75歳=女優
  3. 大阪 川遊びの小3男児が行方不明 大和川
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです