メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡山・加計学園

獣医学部新設問題 柳瀬氏面会「報告ない」 首相「手続き、適正」 衆院集中審議

 安倍晋三首相は14日午前、衆院予算委員会の集中審議で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡り、柳瀬唯夫元首相秘書官(現経済産業審議官)が2015年に学園関係者と首相官邸で3回会っていたことについて、「報告は受けていない」と述べた。学園が国家戦略特区の事業者に認定される前に面会していたことについても、「問題ない」と話し、認定プロセスは適正だったと重ねて説明した。

     柳瀬氏は10日の予算委で、面会を首相に報告していなかったと答弁していた。首相は「国家の重大事でない限り、(秘書官から)途中段階で説明を受けることはほとんどない」と指摘。獣医学部新設を含む規制改革項目の全体像の説明を受けたことはあるとしながらも、「今治市や加計学園など個別具体的な話は全くしていない」と語った。

     また、政府の国家戦略特区諮問会議ワーキンググループの八田達夫座長が10日の衆院予算委で「柳瀬氏から働きかけはない。有識者の議論に影響を与えたことはない」と述べたことを紹介し、「面会は問題ない」と語った。さらに「誰一人私から何らの指示も受けていないことは明らかになっている」と強調した。

     ただ、首相は学園理事長を親友の加計孝太郎氏が務めていることに触れ、「国民から疑念の目が向けられることはもっともだ。このことを十分に意識し今後とも事実に基づき説明したい」と述べた。

     一方、愛媛県の中村時広知事は、柳瀬氏を「全ての真実を語っていない」と批判している。国民民主党の玉木雄一郎代表は「解決への近道は一堂にそろうことだ」と中村氏や柳瀬氏の証人喚問を求めたが、首相は「全会一致が慣例だ」などと否定的な考えを示した。

     午後には参院でも予算委集中審議が行われた。【松倉佑輔】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
    2. 大阪府警 交際相手に暴行し重傷、傷害容疑で巡査長を逮捕
    3. 天体 太陽系外から飛来? 逆回りの小惑星、45億年前に
    4. 愛媛県文書 首相「加計氏と会わず」事実関係を否定
    5. 愛媛県文書 加計氏との面会否定 安倍首相の発言全文

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]