メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/152 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月九日(56)

 隣の水栓が空くと、ミヤが移ってきた。タケシの顔を見ると男らしくいう。

「もう登美ちゃんの話はなしだ。それよりきいたか。来週あたり、この辺を狙った大空襲があるらしいぞ」

 それは街を飛び交う噂(うわさ)だった。その手の話は始終流れている。日本軍が新型爆弾を完成させ、戦争に終止符が打たれるといったものも最近耳にした覚えがある。画期的な最終兵器と空襲の噂で都民はもち切りだった。テツがのんきにいった。

「まあ、ここんとこ空襲ないからな。またアメ公のやつが悪だくみを準備してるんだろ」

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文910文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. ファミレス ガスト宅配弁当にカエルの死骸 体長数センチ
  4. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]