メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆音楽月評

「芸能人は特別」通用しない=専門編集委員・川崎浩

ミュージカル「メリー・ポピンズ」から、メリー・ポピンズ役の平原綾香(右)と島田歌穂=ホリプロ提供

 芸能は、リビドー(衝動)やエロスを根源とした情動、情念の様子を歌舞音曲として表現する場合が少なくない。近年の日本のポップスは「僕はかわいそう」で始まり「僕は寂しい」けど「僕は一人じゃない」から「僕は頑張れる」という自己完結で循環する物語が定番となっているが、一昔前は「アイ・ウォンチュー、アイ・ニージュー」と恥ずかしげもない情欲丸出しが当たり前だった。低俗であろうが、それが、芸能だった。

 芸能人は、その表現の世界と現実の世界を往来する「特別な人間」として、あいまいな規範や価値基準の下で…

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1024文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです