メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 我が国でのシェークスピア翻訳の草分けとして浮かぶのは坪内逍遥だろうが、初めて逐語訳を成就したのは和歌山出身の河島敬蔵である。支局にある古い本を読む機会が最近あり、初めて知った。「ジュリアス・シーザー」の翻訳を河島が新聞紙上で連載したのは1883年。坪内が翻訳を出版する1年前だ。

 幕末の1859年に生まれた河島は、地元の藩校や神戸、東京などで学び、教職の傍ら多く…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです