メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 我が国でのシェークスピア翻訳の草分けとして浮かぶのは坪内逍遥だろうが、初めて逐語訳を成就したのは和歌山出身の河島敬蔵である。支局にある古い本を読む機会が最近あり、初めて知った。「ジュリアス・シーザー」の翻訳を河島が新聞紙上で連載したのは1883年。坪内が翻訳を出版する1年前だ。

 幕末の1859年に生まれた河島は、地元の藩校や神戸、東京などで学び、教職の傍ら多く…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです