メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

6・12からどこへ?=山田孝男

 6月12日、シンガポールと決まった米朝首脳会談の先に、平和と安定が待っているとは限らない。

 「日本では<南北対話イコール善>と単純に考えられ、北朝鮮へのハト派的接近が東アジアの安定に役立つ--という意見が一般的だが、疑問である」

 韓国・朝鮮研究者の田中明(元朝日新聞記者、元拓殖大教授、1926~2010年)がそう書いたのは23年前。北朝鮮の核開発で米朝間が緊迫した直後だった(田中「韓国はなぜ北朝鮮に弱いのか」)。

 <対話イコール善>という意見は今も根強いが、非核化について話し合ったからといって非核化が実現すると…

この記事は有料記事です。

残り1090文字(全文1349文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
  3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]