メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

6・12からどこへ?=山田孝男

 6月12日、シンガポールと決まった米朝首脳会談の先に、平和と安定が待っているとは限らない。

 「日本では<南北対話イコール善>と単純に考えられ、北朝鮮へのハト派的接近が東アジアの安定に役立つ--という意見が一般的だが、疑問である」

 韓国・朝鮮研究者の田中明(元朝日新聞記者、元拓殖大教授、1926~2010年)がそう書いたのは23年前。北朝鮮の核開発で米朝間が緊迫した直後だった(田中「韓国はなぜ北朝鮮に弱いのか」)。

 <対話イコール善>という意見は今も根強いが、非核化について話し合ったからといって非核化が実現すると…

この記事は有料記事です。

残り1090文字(全文1349文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  2. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  3. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  4. 米シアーズ 破綻 負債最大5.6兆円
  5. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです