メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

東京五輪会場どう変わった? 「集約」から広域開催へ 輸送・警備費増も=回答・田原和宏

追加種目のサーフィンは釣ケ崎海岸が会場となる

 なるほドリ 2020年東京五輪・パラリンピックの全競技会場が決まったね。

 記者 2日の国際オリンピック委員会(IOC)の理事会でサッカーの競技会場が全て承認(しょうにん)され、五輪の全42会場が決まりました。大会組織委員会と東京都は14年6月に大会経費の高騰(こうとう)を理由に会場の大幅な見直しを始めました。大会を招致(しょうち)するときは東京都中央区にある選手村から会場が近い「コンパクト五輪」を掲(かか)げましたが、東京をはじめ北海道、宮城、福島、茨城、埼玉、千葉、神奈川、静岡の9都道県にまたがる「広域開催」に様変わりしました。

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文819文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです