メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

ポピュリズム現象とは? ドイツの哲学者 マルクス・ガブリエル氏

社会脅かすウソの政治

 排外的な右派ポピュリズム(大衆迎合主義)が台頭し、民主主義や国際協調といった価値観を脅かしている。ポピュリズムはなぜ伸長するのか。それにどう対応すべきか。「世界は存在しない」という主張で注目を集めるドイツ気鋭の哲学者、マルクス・ガブリエル氏(38)にポピュリズム現象や哲学から見た政治=1=のありようを語ってもらった。【ボン(独西部)で中西啓介】

--移民難民排斥などを唱える「右派ポピュリズム」が欧州で拡大しています。

この記事は有料記事です。

残り2881文字(全文3101文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. デジタルアート 異次元の世界を散策 お台場に専門美術館
  3. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  4. つくば市 ロボットで職員作業8割減 9月にも本格導入
  5. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]