メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

ほまれ酒造(福島県)/上 感謝の酒蔵祭り

約6000人が集まった「会津ほまれ 春の酒蔵祭り」=福島県喜多方市で4月22日

 <since 1918>

飯豊山の伏流水 会津の誉れに 市場開拓へ挑戦

 4月22日。福島県喜多方市にある「日中線記念自転車歩行者道」のしだれ桜並木は満開を迎え、多くの観光客でにぎわった。1984年、旧国鉄日中線の廃線に伴い専用道を整備、市民が約3キロにわたり1000本を植樹した。この喜多方の地で創業100年を迎えた「ほまれ酒造」でも、5回目となる「春の酒蔵祭り」が開催され、過去最多となる約6000人が訪れた。県内外からのほか、海外からの訪問客も目を引いた。

 酒造業界全体が抱える日本酒の消費量減という課題に加え、東京電力福島第1原発事故による風評被害がある…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文787文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです