メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第2局の1

名人を自分のものに 観戦記・上地隆蔵

 名人戦での佐藤天彦名人-羽生善治挑戦者の対戦は2年ぶり。今回は立場を変えた。

 佐藤は名人を奪取し、昨年防衛した。「タイトルは奪取と防衛で一人前」などと言われる。挑戦者として一瞬の輝きでタイトルを奪っても、受ける側の立場になって守れないようでは「まだ半人前」というわけだ。その点、佐藤は文句なしに名人を自分のものにした。

 しかし名人を預かった2年間、佐藤の成績は振るわない。名人ともなると将棋界の顔。「私」だけでは通用し…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文751文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 千葉県警 小学生女児に強制性交の疑い 教諭を逮捕
  3. 夏の高校野球 金足農の吉田、守備で頭脳的なプレー
  4. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  5. 富田林署逃走 ひったくり犯の映像を入手 樋田容疑者か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです