メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/279 第7章 40=高村薫 田中和枝・挿画監修

 好いた惚(ほ)れたの話、ですか。ということは、ホテルで朱美さんに下着を脱いでもらって、それをあなたが眺めるといった趣味の世界には留(とど)まらなかった、ということですか?

 趣味の世界って--警察もすごいことを言うなあ。ともかく私は恋をしている男の眼(め)をしていたと思うし、朱美さんも自分がいま特別なエロスの磁場にいることを感じ取っていた。だからこそ怖くなったんですよ。

 つまり、いくらかは双方の合意の上の行為だったと仰(おっしゃ)りたいんですか?

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文951文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  2. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  3. 富田林署逃走 本部長が謝罪コメント「多大なご不安」
  4. プロ野球 広島がマジック点灯「32」
  5. 2歳児保護 見つかったのは560メートル先の山中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです