メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

「主体性」入試でどう評価 高大接続 教育改革シンポ

パネルディスカッションする、(左から)大学通信の安田賢治氏、駿台教育研究所の石原賢一氏、文部科学省の山田泰造氏、関西学院大学の尾木義久氏、順天中学・高等学校の長塚篤夫氏=いずれも東京都千代田区で8日、宮本明登撮影

 <kyoiku no mado>

 文部科学省が進める大学入試改革によって、大学入試が大きく変わろうとしている。個別の入試では、従来の「知識偏重型」から、学力テストに加えて主体性や協働性なども評価する「多面的総合型」へと転換する。8日に東京都千代田区であった「第10回高大接続 教育改革シンポジウム」(駿台予備学校、大学通信、毎日新聞社共催)では、主体性の評価のあり方を中心に熱い議論が交わされた。【金秀蓮】

 2020年度までに実施される入試改革の大きな特徴は、大学入試センター試験に代わり大学入学共通テスト…

この記事は有料記事です。

残り2324文字(全文2578文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです