メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

季語刻々

空がある毛虫の明日には空がある

 ◆昔

    空がある毛虫の明日には空がある 永六輔

     作者は国民歌謡とも言うべき「上を向いて歩こう」の作詞者だが、毛虫にも、上を向いて這(は)おう、と呼びかけている感じ。この句、「六輔 五・七・五」(岩波書店)から引いた。「めだかとうとう一匹になってしまった」「紫蘇の香が箸の先に残った」「雷の音がして雨の匂いがして」などもこの句集の秀作。作者は2016年7月に他界した。<坪内稔典>

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
    2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
    3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
    4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
    5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]