メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重

駐車場の車に男性変死体 事件と自殺の両面で捜査

三重県鈴鹿市の現場

 13日午前5時55分ごろ、三重県鈴鹿市稲生塩屋1、解体作業員の男性(25)方自宅駐車場で、男性が軽ワンボックスカーの後部座席で死亡しているのを義理の息子(25)が発見し110番した。男性の首には電気コードのようなひもが巻き付いており、絞められた痕があった。県警鈴鹿署は男性が殺害された可能性もあるとみて、事件と自殺の両面で調べている。

     同署によると、男性は13日未明、妻に「もうすぐ帰る」と電話した後に連絡が途絶えたため、妻は別居している同市内の息子に電話し、男性が帰宅したかどうか確認するよう頼んだという。男性は車内でスライドドアにもたれかかり、車に鍵はかかっていなかった。また、首に巻き付いていたひもは、どこにもつながっていなかった。

     男性は12日夕まで職場で仕事し、その後市内で買い物をしている姿が目撃されている。

     現場は鈴鹿サーキットの南東約3.6キロの住宅街。【森田采花】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 加害者更生 ストーカー治療2割 大半が受診拒否
    2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
    3. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
    4. 介護 人手不足続く 需要高まるも負担増で悪循環に
    5. 故郷遥か 川口のクルド人 第3部/1 来日16年、入管収容の女性 「日本にいさせて」 /埼玉

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]