メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

「いつも通りにやれた」栃ノ心、白星発進

松鳳山をつり上げて攻め、その後に寄り切りで降した栃ノ心(左)=東京・両国国技館で2018年5月13日、丸山博撮影

 大相撲夏場所初日の13日、豪快な取り口で栃ノ心が、大関昇進に向けて白星発進した。劣勢を力で覆して「初日から勝てたのは大きい」。取組後の支度部屋では肩で息をついた。

 双差しを許しても、右上手が取れていたから慌てなかった。怪力を発揮する左で肩越しにまわしを取り、高々と松鳳山をつり上げた。攻めきれずに左からすくわれて俵を背負いひやりとさせられたものの、再び左上手を強引に引きつけて体を入れ替…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです