メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eスポーツ

レッドブル・クミテ決勝 Fujimura選手がパリ切符

優勝し盾を手にするFujimura選手

 フランス発の格闘ゲームトーナメント「Red Bull Kumite(レッドブル・クミテ)」の決勝大会が13日、埼玉県越谷市で開かれた。11月にパリで開かれる世界大会予選への出場権がかかっており、優勝したFujimura選手=藤村充史さん(31)=がパリへの駒を進めた。

     東北、関東、東海、関西、九州での地区予選には計415人が参加。決勝大会では、予選を勝ち抜いた8人が、対戦格闘ゲーム「ストリートファイターV アーケードエディション」で対戦した。

     決勝は実力者のFujimura選手と最年少16歳のハク選手が対戦。両者はプロゲーミングチーム「Fudoh(不動)」に所属するチームメート。経験に勝るFujimura選手が試合を終始優勢に進めて勝利した。

    多くの観客を前にプレーする選手たち(右手奥)

     Fujimura選手は、「練習量からくる状況判断の精度、ミスをしないことが自分の持ち味。大会に向けて用意してきたことが出せてよかった」と冷静に振り返った。

     Fujimura選手は、ストリートファイターについて「内容が進化し続け、自分の動きに対する相手の動きがどんどんレベルアップしていくことが面白い」と語り、1日4~5時間、最大12時間練習する日もあるという。

     決勝大会は500人の観客が試合を見守った。技が決まると「見事!」「さすがうまいな」などと拍手がわき起こった。東京都多摩市から訪れた親子は「生での観戦は初めて。有名な選手ばかりでいい試合が見られて燃えた」と話していた。【田辺真以子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
    2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
    3. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
    4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
    5. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです