メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

白鵬、危なげなく白星発進「前に出られていい相撲」(スポニチ)

大相撲夏場所初日(2018年5月13日 両国国技館)

 白鵬は玉鷲を危なげなく退け、白星発進した。左で張って攻め込み、相手との距離ができた中盤は両腕を広げて「さあ来い」のポーズ。冷静に動いて怪力を仕留めると、「張り差しから形をつくっていった。(途中)多少、間があったけど前に出られていい相撲」と納得の表情を見せた。

     立ち合いで見せたのは横綱審議委員会から“注文”が付いていた張り差し。だが、阿武松審判長は「張り差し自体は大丈夫だと思う。そこに肘を合わせてエルボー気味なのが問題」と述べた。

     羽織った紅白の浴衣には、綱の五輪マークと2020の数字が描かれている。配布用も含め1000着を用意。「常に目の前にあれば自然と(五輪を)意識する」。夢は東京五輪での土俵入り。志高く前へと進む。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
    3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
    4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
    5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです