メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/153 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月九日(57)

 タケシは手拭いで身体(からだ)を洗うミヤを見た。ごしごしと力を入れて、肩をこすっている。薄暗い洗い場で目がらんらんと光っていた。

「いつかおれが新型戦闘機に乗ったら、絶対にB29をやっつけて、東京の街を守ってやる」

 テツが笑っていった。

「ああ気を長くして待ってるよ。ミヤがゼロ戦乗りになるまで、東京が残ってるといいけどな」

 タケシはその言葉をきいてなぜかぞっとした。テツが冗談のつもりで軽く口にしたのはわかっている。それで…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文925文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  2. 南北首脳 思惑一致、極秘の電撃会談
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施
  5. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]