メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

歌手 大津美子「ここに幸あり」 傘寿迎え、詞かみしめ

大津美子さん=宮武祐希撮影

 昭和の名曲はあまたあれど、これほどまでに世代や国境を超えて愛されている歌は、あまりないのではなかろうか。大津美子の「ここに幸あり」。曲が生まれてから60年余り。詞の通り、嵐にも雨にも負けず、前を向いて幸せを見つけていこうと、ずっと人々の背中を押してきた。「今でも多くの方に、ご自身の人生を重ねて歌ってもらっています。本当にいい曲をいただいたと思います」。今年、傘寿を迎えた大御所は語る。

この記事は有料記事です。

残り1655文字(全文1849文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  5. 風疹 流行続く 患者127人増

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです