メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

歌手 大津美子「ここに幸あり」 傘寿迎え、詞かみしめ

大津美子さん=宮武祐希撮影

 昭和の名曲はあまたあれど、これほどまでに世代や国境を超えて愛されている歌は、あまりないのではなかろうか。大津美子の「ここに幸あり」。曲が生まれてから60年余り。詞の通り、嵐にも雨にも負けず、前を向いて幸せを見つけていこうと、ずっと人々の背中を押してきた。「今でも多くの方に、ご自身の人生を重ねて歌ってもらっています。本当にいい曲をいただいたと思います」。今年、傘寿を迎えた大御所は語る。

この記事は有料記事です。

残り1655文字(全文1849文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日銀決定会合 08年6月議事録「最悪期は去った」
  2. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  4. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  5. 英・航空ショー MRJがデモ飛行 存在感アピールへ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]