メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上関原発建設計画

反対、1300回目デモ 祝島島民「白紙撤回まで続ける」 /山口

 中国電力(広島市)の上関原発建設計画に反対して、上関町の離島・祝島の島民が島内で続けてきたデモ行進が14日、1300回目を迎えた。島民約70人が参加し、結束を呼び掛けた。

 祝島の対岸、上関町長島での原発建設計画が浮上したのは1982年。デモはこの年の秋から毎週月曜の夕、雨の日などを除いて続けられてきた。82年当時に1300人いた島民は現在375人。高齢化率も76・53%に達し、ここ数年はデモの参加者も40人ほどだった。14日のデモには、島に移住した若者も参加し、島内の約1・3キロを行進して計画反対を改めて訴えた。

 上関原発建設は、中国電力が2009年に予定地で準備工事に着手したが、11年3月の東日本大震災による…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文735文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い
  2. 西日本豪雨 ボランティアで暑さと闘う注意点
  3. クイーンズ駅伝 面目躍如「小出監督」 ユニバーサル優勝
  4. 猛暑 校外学習の小1男児が熱射病で死亡 愛知・豊田
  5. 「熱中症」診断 実は脳梗塞…家族「すぐに分かれば」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]