メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

ポーカーで金をむしりとられるカモは…

 ポーカーで金をむしりとられるカモは「フィッシュ」、カモに狙いをつけてボロもうけする連中を「シャーク(サメ)」というのは分かりやすい。ポーカーはその双方を乗せた米ミシシッピ川の蒸気船で広まった▲19世紀中ごろ、そこに就航した川船は700隻を超えたが、船客をカモにする賭博師は2000人以上いたという。彼らは刺しゅうのある黒ベスト、かかとの高い長靴、金の懐中時計や指輪、金ぴかの飾りのあるつえなどでそれと分かった(増川宏一(ますかわ・こういち)著「賭博2」)▲さて、このサメと魚を乗せた船を日本の陸にあげてみようということか。カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案で、政府はお客同士が勝負を競い合うポーカーも解禁する方針を固めたという▲IRのカジノではゲームの公正を確保するため、ルーレットなど偶然で決まる勝負に限って解禁するというのが従来の方針だった。ポーカーのようにスキル(技能)がからむゲームは公正を保つのが難しいとみられていたからである▲それがカジノのディーラー(進行役)が公正の管理にあたればいいということになったのは、海外で人気のポーカーの集客力への期待からという。結局はスキルがものをいうこのゲームでは、日本の「お客さん」の運命も心配になる▲ギャンブル依存症対策の「週3回」などという入場制限が、週3回入り浸っても依存症ではないのかと素朴な驚きを呼んだIRカジノである。賭けられた市民社会の健全にポーカーフェースはできない。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大リーグ 大谷、2失点で4勝目
    2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
    3. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
    4. アメフット 関学大選手側が被害届 悪質タックルで負傷
    5. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]