メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

大使館エルサレム移転 住民「死ぬまで抗議」 軍発砲・催涙弾、流血のガザ

催涙ガスなどの攻撃から逃れるパレスチナのデモ隊=ガザ地区で14日、ロイター

 イスラエル建国70周年に合わせた14日の在イスラエル米大使館のエルサレム移転に、パレスチナ側は猛反発し、デモ隊とイスラエル軍との衝突で多数の死傷者が発生した。「親イスラエル・反イラン」の姿勢を改めて鮮明にしたトランプ米政権。独善的な政策は中東情勢をさらに不安定にしている。

 燃やされたタイヤから幾筋もの黒煙が立ち上り、赤新月社の救急車がけたたましいサイレンを鳴らしながら、負傷者を搬送していく。パレスチナ人が抗議デモに集結した14日のパレスチナ自治区ガザ。流血の現場はパレスチナ人の怒りと叫び声に包まれた。

 デモ参加者がイスラエルとの境界に近づくと、イスラエル軍は催涙弾を撃ち込み、銃撃を始めた。「女性や子…

この記事は有料記事です。

残り1721文字(全文2025文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです