メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

米大使館エルサレムに

立山良司氏

 イスラエル建国70年にあたり、米大使館を商都テルアビブから聖都エルサレムに移転するトランプ米政権。イラン核合意からの離脱表明(8日)に続き、交渉を重視する米中東外交の伝統に背を向けた。イスラエルとサウジアラビアなどアラブ主要国の水面下での接近が伝えられる中、パレスチナ人の失望が深まる。中東の夜明けは遠い。

この記事は有料記事です。

残り4437文字(全文4591文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです