メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨のち晴れ

組合時代「ゼロ回答」で妥結 三井住友信託銀行社長・橋本勝さん

交渉の教訓、合併で生き

 バブル崩壊後の1993年、旧三井信託銀行の従業員組合の委員長に選ばれました。「信託の時代」と言われた右肩上がりの時代から一転、不良債権処理や経費削減、採用減による人員削減という厳しい時に、労使交渉の先頭に立つことになりました。入社から14年目、まだ30代半ば。課長になってすぐで、経営陣と面と向かって話をするのは非常に気が重かったですね。

 それまでは毎年ベースアップ(ベア)があるのは当たり前でした。物価上昇に合わせて、ベア水準がついてい…

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1220文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS インスタグラマー・香取慎吾、稲垣吾郎に気を遣うSNS上の意識変化明かす
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  4. リュウグウ あと100キロ 「コマ型」最新の画像公開
  5. 民泊 違法物件、数千件掲載 新法施行後 エアビーが削除へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]