メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第2局の2

羽生の早繰り銀 観戦記・上地隆蔵

 名人戦第2局は石川県小松市で行われた。両対局者を含めた名人戦一行は小松空港に降り立ち、その足で安宅住吉神社に向かった。同所は全国唯一の「難関突破」の神様として多くの信仰を受けているという。佐藤と羽生は、大事な一戦に向けてそれぞれ必勝祈願を受けた。和太鼓や鈴の音、みこさんの演舞、神職が神前でろうろうと読み上げる祝詞。厳かな儀式に背筋が伸びる思いだった。ただひそかに「必勝対必勝」では神様もお困りになるだろうなと、へそ曲がりの筆者は思うのであった。

 第2局は角換わりに進んだ。予想通りだ。図の直前に指された「[先]2五歩が意外だった」と解説の佐々木…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです