メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第2局の2

羽生の早繰り銀 観戦記・上地隆蔵

 名人戦第2局は石川県小松市で行われた。両対局者を含めた名人戦一行は小松空港に降り立ち、その足で安宅住吉神社に向かった。同所は全国唯一の「難関突破」の神様として多くの信仰を受けているという。佐藤と羽生は、大事な一戦に向けてそれぞれ必勝祈願を受けた。和太鼓や鈴の音、みこさんの演舞、神職が神前でろうろうと読み上げる祝詞。厳かな儀式に背筋が伸びる思いだった。ただひそかに「必勝対必勝」では神様もお困りになるだろうなと、へそ曲がりの筆者は思うのであった。

 第2局は角換わりに進んだ。予想通りだ。図の直前に指された「[先]2五歩が意外だった」と解説の佐々木…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文631文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです