メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/280 第8章 1=高村薫 田中和枝・挿画監修

 事件の前々日の栂野節子の様子について、本人と遭遇した浅井忍が、尋常でないほど苛(いら)立っていたと証言して以来、その真偽も、苛立っていた理由もこれまではっきりしないままだったが、玉置悠一というピースの出現で、膠着(こうちゃく)状態だった事件のパズルが一歩動いたのを、特命班は実感した。栂野節子の不機嫌の理由は、以前から不品行を繰り返していた栂野孝一よりも、上田朱美をつけ回す玉置の出没だったのかもしれない。その可能性が高くなったいま、さらに裏を取るために刑事たちは早々に栂野雪子にも会った。

 六月以来となる面会は、刑事たちが事前に予想したより抵抗が少なく、よくよく聞いてみると、最近になって…

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文953文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. ORICON NEWS 大阪城で“ナイトウォーク”『サクヤルミナ』12月オープン 渡辺直美「ワクワクしちゃう」
  3. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  4. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
  5. 埼玉・高齢夫婦殺傷 中3の孫逮捕 殺人未遂容疑で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです