メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

技術革新と向き合う=小川佳実

 現代サッカーの起源の一つと言われる英国において、その源流は戦争で奪った敵の首を蹴ったり、町と町の争いだったりと野蛮なものであった。やがて学校教育として取り入れられ、共通ルール作りが始まったのが19世紀前半。手の使用を制限する団体と、許可する団体に分かれたのが現在のサッカーとラグビーだ。

 サッカーは1863年にロンドンで最初の競技規則が誕生し、その後イングランド、アイルランドなど各協会ごとに違ったルールを調整する機関として1886年に国際サッカー評議会(IFAB)が設立された。現在は年1回の総会でルール改正などが議論される。

 最初のルールにはレフェリー(主審)という存在はなかった。当時は双方のチームから1人ずつ任命されたア…

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文893文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  2. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
  3. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
  4. 津のGSで灯油にガソリン混入 消防が注意呼びかけ
  5. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです