メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大使館移転

住民「死ぬまで抵抗」流血ガザに怒りと叫び

負傷者を運ぶデモの参加者ら=パレスチナ自治区ガザで2018年5月14日、AP

 イスラエル建国70周年に合わせた14日の在イスラエル米大使館のエルサレム移転に、パレスチナ側は猛反発し、デモ隊とイスラエル軍との衝突で多数の死傷者が発生した。「親イスラエル・反イラン」の姿勢を改めて鮮明にしたトランプ米政権。独善的な政策は中東情勢をさらに不安定にしている。

 燃やされたタイヤから幾筋もの黒煙が立ち上り、赤新月社の救急車がけたたましいサイレンを鳴らしながら、負傷者を搬送していく。パレスチナ人が抗議デモに集結した14日のパレスチナ自治区ガザ。流血の現場はパレスチナ人の怒りと叫び声に包まれた。

 デモ参加者がイスラエルとの境界に近づくと、イスラエル軍は催涙弾を撃ち込み、銃撃を始めた。「女性や子…

この記事は有料記事です。

残り859文字(全文1163文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです