メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大飯原発4号機

フル出力状態に 6月上旬にも営業運転

 福井県おおい町の関西電力大飯原発4号機(出力118万キロワット)が14日午後9時50分、フル出力状態になった。原子炉の熱出力が100%近辺で安定する「定格熱出力一定運転」に入った。4年8カ月ぶりに9日再稼働し、11日に発送電を始めていた。原子力規制委員会の検査を経て6月上旬にも営業運転に入る。

     大飯4号機を巡っては10日午後、原子炉格納容器内にある水位計の一つが水位低下を知らせる警報を発信し、出力上昇を停止。関電は点検で水位計が一時的に誤作動したと判断し、11日未明に出力上昇を再開していた。

     関電の原発は14日現在、高浜3、4号機(福井県高浜町)と大飯3号機が営業運転中。大飯4号機の再稼働で約6年半ぶりに県内4基の原発が同時に動くことになったが、それぞれ18日には高浜4号機、8月3日には高浜3号機が定期検査に入り、原子炉を止める。【高橋一隆】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです