メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/154 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月九日(58)

 テツの言葉にミヤが返した。

「その意気だ。空襲なぞ恐るるに足らん」

 格別熱心な忠心愛国派ではない少年にとっても、それが当たり前の心得だった。

「なあ、タケシも同じだろ」

 なんの疑いもない顔でテツが質問してきた。なぜ、裸でいると嘘(うそ)をつきにくくなるのだろうか。歯切れ悪く返事をする。

「うーん、そうだね」

 タケシは九歳まで父の国で育った。そこで暮らす人たちを肌の感覚で知っている。B29のような超兵器を製…

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文917文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 嵐・相葉雅紀、鼻の頭に泡が…キュートな新CM完成「めちゃくちゃイイ匂いでした!」
  2. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  3. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  4. アジア大会 バスケ男子処分へ 公式ウエアで夜の歓楽街
  5. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです