メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近大原子炉

再運転1年 豆球、ともす安全 最大出力わずか1ワット 1600人、利用人材育成へ存在感

原子炉の前で近畿大原子力研究所職員(左端)から説明を受ける千代田テクノルの新入社員=大阪府東大阪市で、松本光樹撮影

 近畿大原子力研究所(東大阪市)にある教育研究用の原子炉が、昨年4月に運転再開して1年が過ぎた。国内の大学研究炉3基のうち再開第1号とあって、今年3月末までに約1600人が利用した。東京電力福島第1原発事故後、原発の安全性や放射性物質の影響に対する学生の関心は高まっているという。研究所側は、国内では数少ない教育施設としての存在意義を強調している。【松本光樹】

 「16時24分、原子炉、0・01ワット。臨界になりました」。4月下旬、放射線防護服や線量計などを扱…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. 民主ペロシ氏「話にならない」 トランプ氏「重要発表」提案に
  4. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  5. ORICON NEWS 51回目『ミス日本』は21歳東大生 度會亜衣子さんがGP

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです