メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近大原子炉

再運転1年 豆球、ともす安全 最大出力わずか1ワット 1600人、利用人材育成へ存在感

原子炉の前で近畿大原子力研究所職員(左端)から説明を受ける千代田テクノルの新入社員=大阪府東大阪市で、松本光樹撮影

 近畿大原子力研究所(東大阪市)にある教育研究用の原子炉が、昨年4月に運転再開して1年が過ぎた。国内の大学研究炉3基のうち再開第1号とあって、今年3月末までに約1600人が利用した。東京電力福島第1原発事故後、原発の安全性や放射性物質の影響に対する学生の関心は高まっているという。研究所側は、国内では数少ない教育施設としての存在意義を強調している。【松本光樹】

 「16時24分、原子炉、0・01ワット。臨界になりました」。4月下旬、放射線防護服や線量計などを扱…

この記事は有料記事です。

残り851文字(全文1081文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです