メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フラミンゴ

よちよち、もこもこ 神戸・王子動物園

生まれて間もないベニイロフラミンゴのひな=神戸市灘区の市立王子動物園で、小松雄介撮影

 神戸市灘区の市立王子動物園でフラミンゴのひなが相次いで誕生し、親鳥の足元で立ち上がったりよちよちと歩いたりする姿が来園者を楽しませている。

     同園では地中海沿岸などに生息するヨーロッパフラミンゴと、中南米などのベニイロフラミンゴの計約200羽を飼育。4月中旬にヨーロッパフラミンゴで2羽、5月初めにはベニイロフラミンゴで1羽のひなが生まれた。

     しばらくは親鳥のくちばしから栄養豊富な分泌液「フラミンゴミルク」をもらって育つ。5月下旬にはさらに2羽がかえる予定。写生に訪れた小学4年、西村美穂さん(9)は「ひなはもこもこしていて可愛かった」と話した。【小松雄介】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
    2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
    3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
    4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
    5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]