メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡空港民営化

「地元連合」運営 国交省が選定方針 19年

 国土交通省は、2019年に民営化される福岡空港の運営事業者に、九州電力や西日本鉄道など「地元連合」が設立した福岡エアポートホールディングスを中心とする企業連合を選定する方針を固めた。地域に根ざした空港活性化策と3000億円台とみられる運営権の提示額で最も高い評価を得た。2次審査には3企業連合が進んだが、大和ハウス工業と東京建物の2企業連合は及ばなかった。【石田宗久、志村一也】

 昨年5月に始まった公募には、5企業連合が応募した。空港運営の実績がある国内外の企業や投資会社が参加…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文670文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボーイング777 次期政府専用機にも選定された大型機
  2. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  3. ボーイング747 ジャンボの愛称で親しまれた大型機
  4. 群馬ヘリ墜落 115キロの急加速 通信途絶える20秒前
  5. トランプ氏 派手に見えて堅実? 専用ジェットに見る横顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです