メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡事件

再審求め続けた女性闘士 生涯たどる冊子完成

 終戦間もない混乱期の福岡市で起きた「福岡事件」の再審運動に取り組み、2010年に他界した熊本県玉名市の古川美智子さん(享年92)の波瀾(はらん)万丈の生涯を振り返る小冊子「悲願」が完成した。運動の先頭に立った夫泰龍(たいりゅう)さん(00年に80歳で死去)を支えた日々が描かれ、今も続く再審運動の歴史を学べる。美智子さんの生誕100年を迎えたのに合わせて発刊し、売り上げは再審運動の費用に充てる考えだ。

 美智子さんは1918年5月3日、熊本県旧高瀬町(現玉名市)生まれ。旧満州(現中国東北部)から引き揚…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文887文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]