メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡事件

 1947年5月20日、福岡市博多区で軍服取引に絡んで中国人ら2人が射殺され、現場から現金8万円が奪われた。強盗殺人罪などで起訴されて首謀者とされた西武雄元死刑囚は「事件とは無関係」、実行役とされた石井健治郎元死刑囚は「偶発的事件」と訴えたが、56年に2人の死刑が確定。5回の再審請求は退けられ、75年に石井元死刑囚は恩赦で無期懲役に、西元死刑囚は死刑が執行された。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
    2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
    3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
    4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
    5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]