メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第73期本因坊戦 第1局 険しい戦いに突入

 <大和証券>

     <先番・山下敬吾九段-本因坊文裕>

     本因坊文裕(もんゆう)(28)=井山裕太九段=に山下敬吾九段(39)が挑む第73期本因坊決定戦七番勝負第1局(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、萩・明治維新150年記念事業実行委など共催、大和証券グループ協賛、マルシフードサービス協力)は16日午前9時、山口県萩市の萩・明倫学舎で、2日目の対局が始まった。

     立会の山城宏九段が「封じ手は17の十七です」と読み上げ、文裕はすぐに白52とハネた。山下が黒53から55と出て、下辺から中央への競り合いは予想外の変化に突入した。

     白は80まで下辺を稼ぎ、黒は右下白四子を取って確定地とした。白84、黒85は共に21分、両者熟慮の進行。解説の張栩九段は「下辺はいいワカレになりました。左上の白模様が焦点なのですが、黒85が意外な手で、予想がつきにくい」と話した。

     白86を考慮中、昼食休憩に入った。残り時間は山下2時間53分、文裕2時間58分。【最上聡】

        ◇

      ニュースサイトの特集(https://mainichi.jp/honinbo/)で棋譜中継などを掲載しています。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
    2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
    3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
    4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
    5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]